ワークサンプルの職員研修

皆さま、こんにちは。

いつもポートビズのブログをお読みいただき、ありがとうございます!

先週、幕張版ワークサンプル(MWS=ムースと読みます)の支援員向け研修に参加してきました。内容は、MWSがどのような目的・意図で作られているか、また、活用事例や評価結果からのアセスメントへの活かし方など、実践に即したものでした。

MWSは、ポートビズでもとてもよく活用しています。大きく分けると、事務作業、OA作業、実務作業の3つがあり、それぞれ下記のようなメニューがあります。

■事務作業:数値チェック、物品請求書作成、作業日報作成

OA作業:数値入力、文書入力、コピー&ペースト、ファイル整理、検索修正

■実務作業:ピッキング、重さ計量

今回の研修では、日ごろ使い慣れているMWSですが、さらに実際に会社で仕事をしている場合に近づけた活用方法を学ぶことができました。こんな使い方もできるんだ、という目からウロコ! 的なこともありました。

また、評価結果のサンプルから、結果の読み取り方、アセスメントの仕方など、改めて学ぶことも多かったです。グループワークでは、一緒に参加していた方々の活用方法をお聞きしたり、講師の方に、普段、疑問に思っていることや活用方法で悩んでいることなどを相談して解決できたのも、とても大きな成果でした。

MWSは、仕事の得手不得手の自己理解ができたり、訓練を重ねて苦手なことをできるようになっていったり、とっても良い教材です。体験利用の方や、入所したての方には、簡易版を行っていただき、各作業のアセスメントの全体感をつかみます。そして、訓練に入ると、この中でもステップがあり、評価期から訓練期へ、また内容もだんだん難しくなっていきます。さらに、ポートビズでは、単に作業に取り掛かっていただくだけでなく、報連相を取り入れたり、継続的な仕事の遂行力や集中・過集中なども見ていきます。

今回の研修で学んだことを職員で共有し、ポートビズの利用者様にとってより利用価値の高いものとなるよう、取り組んでいきたいと思います。

皆さん、ポートビズにぜひ見学に来ませんか。お気軽にフォームよりご連絡ください。お待ちしています!

社会人として《Ⅴ》

こんにちは。
働く上で「日常生活と運動」のバランスを皆さんはどうしてますか?

学生時代はスポーツを定期的に行っていた人でも社会人になると思うように時間がとれず、だんだんスポーツと縁遠くなる人が多いようです。
そして機械技術向上、交通機関の発達などで日常、私たちは慢性の運動不足です。
たとえば駅ではエスカレーターやエレベーターが次々に設置され、自分の足であがらなくてもすむようになってきています。

運動不足を解消するためには、運動クラブやスポーツジムに定期的に身体を動かすようにしていく方法があります。
でも必ずしもスポーツを行わなければならないわけではありません。毎日の通勤で1駅前で降りて会社まで歩いたり、お昼休みは散歩したりといった工夫をすれば、運動不足解消につながります。
さらに休日でのお買い物は車でなく自転車を使ったり、こまめに歩いて買い物に行くように心がけていくと周りの景色を楽しんだり、新しいお店を発見したり楽しみも増えて歩くことが楽しくなってきます。
鉄道沿線のウオーキングに参加したり、ラジオ体操(Eテレ)をしてみてもいいですね。

理想的にはウオーキング等の有酸素運動と筋力運動を組み合わせると体力の維持・向上になります。
若いうちから体を動かす習慣をつけておくと将来、生活習慣病を防ぐことにもつながります。

面倒がらずエレベーターやエスカレーターを使わず、階段は歩きましょう。運動不足解消に出来そうなことありますか?

次回は「お酒やたばことの付き合い方」です。

八(=^・^=)でした。

就労移行支援事業の5つの機能  ④マッチング機能

就労移行支援事業の基本的な5つの機能について、お伝えしています。
今回は、④適した職場を見つけ調整するマッチング機能

Career Pivot from https://careerpivot.com/

「丸い釘は丸い穴に」
職業指導の創始者といわれるパーソンズは、「人と職業の適合」を基本原理に掲げました。

パーソンズは、1909年の著書『職業の選択』の中で、
「個人の持つ能力や特性と職業が求める要件やスキルの一致度が高くなればなるほど、個人の職業に対する満足度も高まる」と述べています。

《マッチング理論(特性因子理論)》
1.自己の適性・興味・能力などを見極めること=自己理解
2.様々な職業に求められる資質や報酬などを見定めること=仕事の理解
3.1と2をマッチングさせること

という「職業選択における三要素」により、適切な職業選択がもたらされると考えました。

「自分に合った仕事を!」

障害者雇用の職場開拓は、基本的にハローワークや障害者就業・生活支援センター等、労働関係機関との連携によって行います。その連携の中で、就労移行支援事業所はきめ細かいマッチングを行うため、関係機関や企業との連絡調整を行います。

ポートビズの担当職員は、ハローワークでの相談や、多くの企業が参加する面接会に同行して、利用者の皆さんをサポートしたり、実習時にジョブコーチ的支援を行うこともあります。
また、利用者さんが希望する職種から、企業を探し訪問することもあります。この場合は、ポートビズと企業との連携が深まり、就職後の定着もスムーズに進みます。

就職がゴールではなく、利用者の皆さんがマッチした企業で長く働き続けることができる、将来を見据えた支援を心がけています!

企業見学に行ったこと

こんにちは。利用者のFYです。

先日は、ビーアシスト株式会社というブックオフの特例子会社を見学しました。

業務内容は、CD、本だけではなく、ホビー加工、ヤフオク出品などがありました。
ホビー加工、ヤフオク出品の業務は珍しいと思い興味が出ました。

特に印象に残った点は、セット本加工の業務とビーアシストで働く方の理念についてです。

セット本加工の見学では、値段シールや袋詰めの仕事を見させて頂き、とても感動しました。
袋詰めの様子を見ましたが、スピードが早くて、驚きました。また、数字を斜めに書いている様子がとてもすごいと思いました。

見学の時に、担当の方が筆談してくださったおかげで、仕事の内容をよく理解することができました。本当にありがとうございました。

働くために必要な力については、社会力と自己管理力が大事と改めて気付くことができました。

今回の見学で、自分のできることを増やしていきたいと思いました。
働くために必要な力を忘れずに就職活動に活かしていきたいと思います。

企業見学報告

こんにちは、利用者の胡池です。

先日、町田にあるブックオフの特例子会社ビーアシスト株式会社に企業見学に行きました。

最初は、ビーアシストについての事業と業務内容の説明を聞きました。その後、従業員の方が実際に働いている姿を見学しました。その際従業員の方から業務について説明を聞きながら見学しました。

ビーアシストの主な業務は、ブックオフのお店での作業とインターネットで販売する商品の加工と補充、店内整備が主です。一通り見学が終わったら最後の質問をして企業見学は終了し解散しました。

今回の企業見学は、ブックオフの裏側を見ることができた貴重な経験でした。従業員の方が淡々と仕事をこなしている姿を見て深く感銘を受けました。

もし私がビーアシストで働くことになったらCDの検品チェックをしてみたいと思いました。

理由としては、ビーアシストの企業見学で印象に残っており、検品チェックをしている従業員の方の仕事に対する姿勢に感銘をうけたからです。

 

今回の企業見学で学んだことを今後の就職活動に役立てていきたいと思います。

旅行と余暇のつながり

こんにちは。利用者なめです。

 

先日、2日間お休みをいただいて、母と箱根に旅行に行ってきました。

母は専業主婦で毎日家事をしてくれていて、遊びに出かける機会が少ないので、リフレッシュの為に旅行に行こうということになりました。

 

事前の宿選びや列車の予約などを私がおこなったのですが、そういう経験は初めてで緊張しました。

日付や時刻が間違っていないか必要以上に何度も確認してしまったり、予約番号など控えたスマホが故障しても困らないように情報を紙に書き起こしたり、期待と不安が入り混じった感情で旅行の日までを過ごしました。

 

旅行中はゆったりとした時間を過ごすことができました。

宿のごはん(夕食と朝食を宿で食べました)は豪華なバイキングで、特に朝食の海鮮のせ放題の海鮮丼が美味しかったです。

 

宿のチェックアウトの後に、ガラス工房でイヤリング作りの体験をしました。

土台となるガラスの上に細かいガラスの欠片を載せてデザインしました。後日それを焼いてもらったものを自宅に送ってもらえることになっていて、今は届くのを心待ちにしています。

 

母は終始楽しそうでしたので、来てよかったと思いました。

母の為に企画した旅行でしたが、私も楽しむことができました。

 

今回の件で、旅行はリフレッシュに適していると感じました。

私はインドア派で、旅行に行く機会が今までなかったのですが、普段と違う場所に行くことで、気持ちが日常から切り離されるのが良いなと思いました。

旅行に限らず、心を緩めてリラックスできるようなことや、我を忘れて没頭できるような趣味なども、リフレッシュにはいいと思います。

 

リフレッシュした後は、戻ってきた日常に前向きに挑めると思うので、就職してからも余暇を有効活用していきたいです。

初めまして。

初めまして、利用者のゆきです。

私がポートビズに通所しだしたのが春先で、これを書いている今日はとても寒むく今年一の寒さと朝のニュースで流れていました。通所してからの時の流れを感じます。

 

私がポートビズに来てから訓練をしていく中で、今まで気づいていなかった自分の強みと弱さを認識でき、自己の理解を深められ、今の自分に何が必要か痛感する日々です。

 

その中でも一番大きかったことは、ポートビズで月に一度ある企業見学です。多種多様な職種の様々な企業様へ見学に行かせて頂きました。

お恥ずかしい話ですが、通所当初の企業見学ではただ見学するだけで何も考えられず質問もせず、何のために見学にきているのか?と、企業様の案内して頂いた方にはそう映っていたと思います。

ポートビズで日々訓練をしていく中で、少しずつですが社会復帰に前向きになると共に、企業見学で今まで自分が知らなかった事を知り、想像できなかった自分の将来像が少しずつ形になり、今では「この企業様で自分が働く場合」を考えて自分にとって実のある見方や質問ができるようになってきました。

 

「とりあえず企業見学に行ってみよう、何も考えられなくても見ることが大事だから」

担当職員の方に初めの頃に言われた一言ですが、今この言葉をとても実感します。

私は頭で考えすぎてしまうところがあるので、まずは考えるより行動だとこの半年で学びました。まずは行動して学び・感じることで、少しでも早く就職へとつながるようにこの先も精進していきたいです。

○○の秋

こんにちは。

職員のくろねこです。

金木犀の甘く爽やかな香りが漂いはじめました。

秋を感じますね、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

ポートビズでは毎朝、訓練前に全体朝礼を行います。

その際、新聞の記事を紹介する「新聞のピックアップ」というコーナーがあります。

本日は「読書の秋」ということで、本の紹介や余暇の一つとして日々に取り入れるアドバイスがアナウンスされました。

 

さて、「○○の秋」という言葉、秋によく用いられますがなぜ秋なのかご存知ですか?

理由は二つあり、秋の気候の良さにあるようです。

①秋になると18度前後に気温が下がり過ごしやすくなること

②気温が同程度の梅雨の時期と比べると、湿度が低く不快指数も低いこと

このため、秋は物事に集中するのに適した季節といえるのです。

 

以上を踏まえ、皆さんはどのような秋にしたいですか?

・読書の秋

・スポーツの秋

・芸術の秋

  etc…

 

一つのことに没頭するいい機会です。

「余暇」として日々に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ポートビズ矢川事業所紹介

こんにちは。ポートビズ矢川スタッフです。

今日は矢川事業所の紹介をしたいと思います。

矢川事業所は、知的障害の方々を対象としている、就労移行支援事業所です。定員は8名で少人数制です。個々のペースに合わせて日々、就労準備訓練に取り組んでいます。

事業所はさくら通りに面しているビルの3階にあります。

窓からは写真のように、緑が見え、リラックスのできる環境です。

職員室と窓から見える木々

次は相談室です。週に一度面談を設け、一週間の振り返りや今後のスケジュールの確認、その他相談などをしています。

相談室

最後になってしまいましたが、訓練室がこちら。

訓練室

訓練プログラムは講座形式のもの、作業を通して学ぶもの、施設外での訓練や余暇活動など様々な内容となっております。

卒業生は、様々な企業に就職をしており、就職後のフォローアップも丁寧に行っております。

就職者された方がいらっしゃると、定員には空きが出来るため、現在矢川事業所では利用者を募集しております。ご質問、ご相談、見学のご希望などございましたらフォームよりご連絡ください。お待ちしております。

国立市ボランティアセンター通信折り作業

こんにちは。スタッフ(み)です。
台風の被害は想像以上に大きく、心の痛むニュースが続いています。

前回号から矢川事業所で作業させていただいている、国立市ボランティアセンター通信「RABBIT(らびっと)」の最新号にも台風の被災者様への義捐金募集の記事が掲載されていました。
たくさんの枚数ですが、一枚一枚心をこめて丁寧に折らせていただいた通信が、一人でも多くの皆様のお手元に届くことを願っています。

矢川事業所では、療育手帳をお持ちの方を対象に、日々の訓練を行なっています。プログラムも講座形式のもの、作業を通して学ぶもの、施設外での訓練や余暇活動など様々な内容となっており、時間がかかっても丁寧に就労する力を身につけることが出来る様に取り組んでおります。ご質問、ご相談、見学のご希望などございましたらフォームよりご連絡ください。お待ちしております。